19年度食品通販市場は3.7兆円、ECが生協に肉薄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)矢野経済研究所が10日発表した19年度の国内食品通販市場は、前年度比3.3%増の3兆7138億円となる見込み。22年度は小売金額ベースで4兆966億円に達すると予測している。

 

食品通販市場規模の推移と予測

 

 チャネル別では、1位「生協」、2位「ショッピングサイト」となったが、両者はほぼ横並びとなっている。食品は本来、店頭で実際に自分で商品を確かめて購入したいというニーズが高いが、年々通信販売で購入することが消費者の間で定着。さらに個人の食品に対するニーズの多様化が進み、食品通販の市場拡大につながっている。

 

食品通販のチャネル別市場規模構成比(2018年度見込)

1 2

関連記事