LINEモバイルに措置命令、「登録事務手数料が不要」が誤認表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は2日、契約事務手数料支払いに関して消費者に誤認させる表示をしていたとして、LINEモバイル(株)に対し景品表示法に基づく措置命令を出した。

 

 

登録事務手数料不要にする「エントリーパッケージ」で違反表示

 違反認定を受けたのはLINEモバイルが自社ECサイトやAmazon、家電量販店のEC・実店舗で販売していた「エントリーパッケージ」とする商品。同商品は、「エントリーコード」が記載された紙媒体などをまとめたもの。LINEモバイルが展開する通信サービス(=移動体通信役務)の契約に先んじて購入し、エントリーコードを使用ずれば、契約内容によっては契約の際の登録事務手数料を無料にするという内容だった。

1 2

関連記事