2019.5.30

アスクルが健康経営サービス事業に参入、オンライン産業医面談を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は30日、事業所向け(BtoB)サービス「ASKUL」「ソロエルアリーナ」で、メドピアグループの(株)Mediplatが運営する企業向け産業保健支援サービス「first call」の提供を開始し、健康経営推進を支援する「健康経営サービス事業」に参入した。

「first call」の3サービス、まずは都内23区で

 その第1弾として、「first call」の「オンライン産業医」「オンライン医療相談」「ストレスチェック」の各サービスの提供を開始。対象エリアは東京都23区で、今後全国への展開も検討する。

 

 「オンライン産業医」は、産業医の定期訪問からオンラインでの面談まで、産業医業務を受託するサービス。産業医面談をオンラインで行うことで、国内外の支社の従業員など、調整が難しかった従業員の面談も行えるようになる。さらに面談の日程調整といった人事の業務負担も軽減する。

1 2

関連記事