2019.5.16

ASKULの注文データがAIエージェント「アオイくん」と連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は15日、ECサイト「ASKUL」の注文データと、りらいあデジタル(株)が提供しているAIバーチャルエージェント「アオイくん」が連携したと発表した。

 

 

領収書の再発行や配送日時の変更なども可能に

 アスクルでは17年12月から、BtoBのECサイト「ASKUL」にバーチャルエージェント「アオイくん」を導入し、問い合わせ対応に活用している。今回、対応の幅をさらに広げるため、りらいあデジタルが注文データ連携機能の提供を開始した。

 

 これまでに「アオイくん」を活用した問い合わせ対応では、解決率平均65%を達成。その実績を踏まえてアスクル側から、「領収書や請求書の再発行」「配送日時の変更」など、有人対応が必要な手続きについても、「アオイくん」だけでユーザーを解決まで導きたいという要望が提示されていた。

 

導入後、6割のユーザーが手続きを完了

 そこで注文データ連携とAIバーチャルエージェントのシナリオビルダー機能を活用し、「アオイくん」と会話することにより、スムーズに手続きを行う環境を実現。ログイン後にアオイくんとの会話で手続き項目を選択すると、注文データが取得されて画面に表示。対象の注文番号を選択することで、処理担当者にメールが送信される仕組みを構築した。なお、「アオイくん」導入後に、「アオイくん」経由で手続きをしたユーザーの約60%が、サイト上で手続きを完了している。

 

 同社では今後も、バーチャルエージェント上で対応する新たな機能の開発を行う予定だとしている。

 

 

■バーチャルエージェント

 


■ASKUL

関連記事