2019.4.12

消費購買行動分析の調査機関「デジタルショッパー総合研究所」設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)いつも.は11日、オンラインの消費者購買行動に特化した第三者調査機関として「デジタルショッパー総合研究所」(以下、デジタルショッパー総研)を設立した。所長は、いつも.の立川哲夫氏が務める。

 

デジタルショッパー総研の所員

デジタルショッパー総研の所員
(前列右が立川所長)

 

オンラインモールに付随したユーザー動向など発信

 デジタルショッパー総研では、(1)UXにたどり着くまでに重要となる「デジタルシェルフ」関連調査、(2)各種オンラインモールに付随したユーザー動向調査、(3)海外ECモールの最新動向および成功・失敗事例、(4)アナリストによる定点予測、(5)ブランドメーカーのD2C戦略と事例―などの情報を発信。これにより、オンライン購買マーケティングに関する情報格差をなくし、日本企業のオンラインショッピング戦略を世界標準レベルにまで引き上げることを目指す。

 

デジタルショッパー総研の役割

 

データ活用の弱さを痛感、デジタルショッパー総研の設立へ

 オンラインショッピングのコンサルティングを行う「いつも.」では、これまでの13期で9300社以上(19年4月現在)のEC・通販会社をサポート。海外ベンダーとの交流を重ねる中で、日本国内のデータ活用が欧米・中華圏に比べて弱いことを痛感したという。

1 2

関連記事