2019.4.10

母の日ギフト、令和関連商品・進化系フラワーギフトがトレンドに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は9日、「楽天市場 母の日トレンド」を発表。同社では10連休となるゴールデンウィークに合わせた「体験型ギフト」、平成から令和への改元に合わせた「元号改定関連品」、そして「進化系フラワーギフト」がトレンドになると予測した。

 

 楽天は「母の日トレンド」発表に合わせ、同日に都内・池尻のものづくり学校で発表イベントを開催。イベントでは、市場事業マーケティング部の瀬川萌衣氏がトレンドについて発表した。

 

マーケティング部の 瀬川氏

 

 楽天市場では年々「母の日」商戦の早期化傾向があるといい、18年の母の日商戦では3・4月における売り上げが3割強を占めたという。そのほか、近年は「母の日」に体験ギフトの人気がたかってきており、3年で売上が約6倍まで伸長している。

 

元号改定で「万葉集」人気は母の日にも及ぶ!?

 19年のトレンド予測としては、人気上昇中の体験ギフトのほかには「元号改定記念ギフト」「進化系フラワーギフト」をピックアップした。

 

トレンドになると予測されている「母の日」商品群

(写真左上が「スワッグ」、中央が「桜盆栽」)

 

 元号関連商品としては、一例として皇室御用達アイテムでもある砂糖菓子「ボンボニエール」を指摘。絢子様のご成婚の影響で18年11月の売上前月比は19%増となった。また、17年と比較すると18年は1年間で約8倍に伸長しており、今年の母の日商戦でも人気が伸びるのではないかと予測している。

 また、「令和」の出典となった「万葉集」関連商品の売上はすでに3月の売り上げの約8倍に達しているといい、人気は続きそうだ。

1 2

関連記事