シッピーノがAmazonMWSと連携、在庫情報の反映が自動化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シッピーノ(株)は2日、Amazonに出品している事業者の基幹システムと「AmazonマーケットプレイスWebサービス」(以下、Amazon MWS)を連携するシステム開発サービスの提供を開始した。

 

 これにより、自社の基幹システムによるAmazonでの受注情報の取り込みや、自社倉庫の在庫情報をAmazonに自動反映するといった、販売や在庫管理に関するデータのやり取りを自動化することが可能となる。


基幹システムの在庫情報をAmazonに自動で反映

 基幹システムとの連携では、Amazonでの受注情報を基幹システムへ自動で取り込み、基幹システムの在庫情報をAmazonに自動で反映する。また、FBAの在庫が切れた際には、自動で「FBA出荷」から「出品者出荷」へ切り替える。各社の状況に合わせた個別にカスタマイズも可能で、Amazonでの受注時に、基幹システムを介して自社の倉庫へ自動で出荷を指示するなども行える。

 

1 2

関連記事