2019.3.22

ファンケル、ドラッグストア向けサプリ9製品投入…機能性表示3品も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファンケルは4月から、全国のドラッグストアと一部量販店で流通専用のサプリメント9製品を発売する。サプリメントは新たに流通専用に開発した20日分サイズの製品。19年度中に全国5000店のドラッグストアでの販売を目指し、1店舗あたりの売り上げの拡大を図る。

 

容量は20日分、平均価格は1400円と「手軽さ」を付加

 今回発売するサプリメントは、『DHA・EPA&ナットウキナーゼのちから』、『コエンザイムQ10のちから』、『亜鉛&マカのちから』などの新製品5製品と、容量を変更した『ホワイトフォース』、『機能性表示食品・尿酸サポート』、『機能性表示食品・楽ひざ』などの合計9種類。

 

機能性表示食品3品目も容量新たに登場

 すべて気軽に試しやすい20日分サイズで、平均価格は税抜1400円程度と、手軽に購入しやすい価格に設定している。ターゲットは、ドラッグストアの利用率の高い30~40代女性と、近年利用が増えている40~50代男性。一目で何の製品であるかが分かるデザインにし、パッケージデザイン裏面には「お薬との飲み合わせに関するサービス」を表示した。約3万種類の医薬品との飲み合わせに関する情報を提供することで、安心してサプリメントを摂取することができる。

 各製品の特長・内容・販売価格は次の通り。※表示価格はすべて税抜

1 2

関連記事