2019.3.20

アリババクラウド、19年中に日本企業100社の中国進出を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリババグループのアリババクラウドは19日、19年までに日本企業100社の中国進出サポートを目指す「China Gatewayプログラム」を発表。同プログラムのパートナーとして野村総合研究所、新日鉄住金軟件(上海)有限公司、伊藤忠テクノソリューションズ、TISインテックグループ、iTriggerが参加する。

野村総研や伊藤忠、TISインテックなどがパートナーとして参加

 「China Gatewayプログラム」では、クラウドエンタープライズネットワーク、グローバルアクセラレーション、エクスプレスコネクト、コンプライアンスコンサルティングなどの幅広いクロスボーダー製品をはじめ、中国顧客により良いサービスを提供するオーダーメイドのインテリジェントソリューションを提供する。

1 2

関連記事