ライフサポート、おせちの二重価格で2度目の景表法違反

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は6日、公正取引員会との共同調査の結果を踏まえ実態のない二重価格表示をしておせちを販売していたとして通販会社(株)ライフサポートに対し、景品表示法に基づく措置命令を行った。ライフサポートが景表法違反で措置命令を受けるのは15年2月以来2度目となる。

 

 

自社ECとYahoo!店で「8000円引き」表示するも通常価格に実体なし

 ライフサポートは、運営する自社ECサイト「快適生活オンライン」とモール出店している「快適生活オンラインYahoo!店」で、販売するおせち7品目について「通常価格2万8800円(税別)」とし、「今なら!!8000円お値引き」などと表示して販売していた。ただ調査の結果、表示していた通常価格は「最近相当期間にわたって販売された実績」が認められなかった。消費者庁と公取は、実態が認められない二重価格表示と判断し、有利誤認表示と認定した。

1 2

関連記事