2019.2.13

ファンコミュニケーションズ決算、売上高は9.6%減に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファンコミュニケーションズが8日発表した2018年12月期連結決算は、売上高が前期比9.6%減の353億4000万円、営業利益が同26.8%減の42億900万円、純利益が同39.6%減の25億5400万円となった。

 

 

ITP・アドフラウド対策講じるも売り上げ伸びず苦戦

 同グループでは、通期で動画広告の開発に注力。ITPへの継続的な対応やアドフラウド対策を実施したものの、売上が予想ほど伸びず苦戦した。営業利益は、売上高固定費比率の上昇により減益。さらに、シーサー(株)を取得した際に発生したのれんで減損損失を計上したことにより減益幅が拡大している。

1 2

関連記事