2019.2.13

京東、中国⇔ウガンダ越境ECで陸海空の低温配送を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のEC大手「京東商城」(JD.com)を運営する京東集団は12日、中国で初めて中国-ウガンダ(アフリカ)間の越境ECで、陸・海・空輸送の全行程にコールドチェーン(低温配送)を導入したと発表した。越境ECでの生鮮食品の輸送では、コールドチェーンによる品質管理が重要視されている。

 

 

 

果鋭科技との連携で中国⇔ウガンダのコールドチェーンを実現

 今回のコールドチェーン導入は中国-アフリカ間でクロスボーダーサプライチェーンを持つ果鋭科技(グォルイカジ)との連携により実現。アフリカ政府および現地ブランドの協力のもと、果鋭科技の越境サプライチェーンと京東物流の中国保税物流・倉庫・国内配送網を連動させることで、流通効率最大化の実現を目指している。

1 2

関連記事