置き配バック「オキッパ」、再配達率を61%削減…JPと実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物流系ITベンチャーのYper(株)は6日、昨年12月に日本郵便と共同で実施した置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」の実証実験結果を公表し、約61%の再配達の削減に成功したと発表した。

 

 

 実証実験では18年12月の1カ月間、東京都杉並区の1000世帯に置き配バッグ「OKIPPA」を無料配布して、再配達の削減効果を検証。参加者の住居形態は集合住宅55%、戸建45%で、個人向け宅配ボックス実証実験としては過去最大規模となった。参加者の中心は30代~40代で、その半数が共働きの世帯となっている。

 

1 2

関連記事