ヤマトHDの3Q、宅急便の取扱数量は減少も売上高は9%増に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマトホールディングス(株)が1月30日発表した2018年3月期第3四半期(18年4~12月)連結決算は、営業収益が前年同期比7.3%増の1兆2576億1000万円、営業利益が同131.4%増の743億4300万円、純利益が同147.8%増の431億9400万円で、大幅な増益となった。

 

 

宅急便は3%減の約14億個、DM便は16.7%減の約11億冊

 利益増は、同社が中期経営計画として取り組んでいる「デリバリー事業の構造改革」(集配体制の強化、ラストワンマイルネットワークの再構築ほか)の効果によるもの。宅急便単価の上昇にも結び付いている。

1 2

関連記事