ZOZO3Q、売上高は27%増…「ZOZO離れ」は1%?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ZOZOが1月31日発表した2019年第3四半期決算(18年4~12月)は、売上高が前年同期比26.6%増の897億7400万円、営業利益は同12.4%減の206億3000万円、純利益は同16.1%減の136億6500万円となった。

 

 

商品取扱高は約20%増に伸長

 3Qではユニークユーザー数の拡大を目指し、幅広いジャンルの新規ブランドを出店。新たな有料会員サービスとして、「ZOZOARIGATOメンバーシップ」を開始している。プライベートブランド「ZOZO」では、ビジネススーツをはじめとしたフォーマルラインや吸湿発熱インナー「ZOZOHEAT」などを新たに展開。コストとなったマーカー方式の「ZOZOSUIT」の配布を抑え、計測を行うことなく最適なサイズの商品購入ができる新たな計測手法を導入した。

1 2

関連記事