2018.11.22

効率的な商品管理で EC・ネットショップの売上アップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効率的なショップ業務を実現して多店舗展開も成功させよう!

「商品管理」ができていないネットショップにお客さんはついてくれない!

 EC・ネットショップを運営するには商品管理をしなければいけません。この記事で扱うEC・ネットショップの商品管理とは、受発注にひもづく在庫管理から、複数のお店で同一商品を扱う場合の商品情報の管理、商品情報そのもの・・・いわゆる「ささげ(採寸・撮影・原稿)」まで全てを含みます。EC・ネットショップの商品管理はカバー範囲が広いのです!

 

 EC・ネットショップの商品管理とは、「肝」となる業務です。どんなに画期的なEC・ネットショップ戦略を持って集客ができたとしても、ユーザーがたどり着いた商品ページがお粗末だったり、在庫管理ができていなければユーザーは商品を買いません。二度ECサイトに来ないくかもしれません。仮に一度商品を購入しても、ネットショップの商品管理が杜撰ではリピーターにはなりません。それだけにEC・ネットショップにおいては「商品管理」は重要なのです。

 

 そうならないよう、EC・ネットショップの「商品管理」をいかに効率的に実施するかも含めて事項から解説します!

 

■商品管理関連サービスの資料一覧はコチラ

 

劇的な商品管理業務の効率化も!EC・ネットショップが導入すべきシステムとは?

 前項で説明したように、EC・ネットショップにおける商品管理とは「在庫管理」「情報管理」「商品情報準備」の業務を指します。

 

 この商品管理業務の中で「在庫管理」「情報管理」は、EC・ネットショップの「一元管理システム」と呼ばれるシステムを導入することによって簡単に解決できます。

 

 「一元管理システム」は、例えば楽天市場・ヤフーショッピング・ワウマ!、そして独自ドメインのEC・ネットショップなどと複数のECサイトを運営する場合に特に力を発揮します。実店舗を運営していて、POSレジシステムを活用している場合でも、EC・ネットショップと実店舗の商品管理をひとまとめにできるシステムやサービスもあります。

 

 全店舗で同じ商品を扱う場合、在庫情報が全店舗分連動していないと効率が良くないですよね?かといって店舗ごとに在庫を確保してしまうと、楽天では売り切れ間近だけどヤフーショッピングの店舗には在庫が豊潤にある、だけど「在庫の移管は手続きが面倒」というのはEC・ネットショップ運営におけるあるあるネタではないでしょうか。最初から在庫が一元管理できていれば、どのショップでどれほど売れようとも商品の在庫は一つのシステムで管理されているので業務はとても楽になりますよね。

 

 次に「商品情報管理」という商品管理業務があります。商品登録作業とも言えます。これは、個別の商品ページに表示する情報をいかに管理するかということです。商品名、商品写真、商品のスペックから、説明文などなどありますよね。これも、複数店舗を運営する場合、出店先ごとに用意していたのでは大変ですよね。出店先が3つあれば、手間は3倍です。これも、「一元管理システム」が解決してくれます。もちろん出店先ごとに写真のサイズや文字数制限など異なる場合がほとんです。ただ、主要モールのレギュレーションに沿って変換する機能を持ったシステムもあります。

 

 「一元管理システム」を活用すれば、EC・ネットショップは商品管理業務の劇的な効率化が測れるのです。逆を言えば、こうした商品管理システムをうまく活用することによって多店舗展開することも容易になります。

 

 最後に商品情報そのもの、「ささげ」業務の効率化があります。特に業務負荷が大きいのが撮影でしょう。メーカー提供の写真を使うのでも問題はないですが、サイズ変更やトリミングなどEC・ネットショップにおける工数はゼロではないでしょう。
アマゾンのように白背景で商品そのものだけが映った写真いわゆる「白抜き画像」をメイン画像にしなければいけないなど、厳しい規定があるケースもあります。楽天市場でも白抜き画像を推奨するようになるなど、EC・ネットショップにおける現場業務の負荷は年々高まって来ています。

 

 そこで、自動画像加工ツールなどを使い、写真の白抜き加工やセンタリング(中央に配置すること)を効率化することができます。

 

 採寸も、写真を撮影するだけで採寸ができるようになるシステムなどもカメラ会社を中心に開発を進めているようです。

 

 原稿そのものの準備も、クラウドソーシングを活用して外注することによって劇的な業務効率化を測ることができます!

 

 それでは、事項からECマッチングがお勧めする商品管理システムを紹介します!

■商品管理関連サービスの資料一覧はコチラ

 

おすすめの商品管理システム

・小売店・アパレルのためのクラウド型POSレジ「パワクラ」

 


◆導入企業300社突破!導入店舗3,000店舗! 
 パワクラを導入すると、店舗・顧客・EC(ネットショップ)・倉庫・本部をリアルタイムに繋げることができます。「在庫管理」「売上分析」「顧客管理」により、売り上げアップや商品管理などにかかるコスト削減を実現することができます。

 

<在庫データ連動>

・店舗、倉庫、管理本部では、リアルタイムで在庫情報を共有することが可能です。ハイレベルな在庫コントロール機能によって、「在庫高削減」「粗利率向上」「店舗作業軽減」の実現をサポートします。<売上データをつなげる>
・ネット環境があればどこからでも、日々の売上状況をリアルタイムに把握することが可能です。売れ筋商品や死に筋商品へいち早い対応、課題発見、仮説検証が簡単に実現できます。

 

<顧客とつながる>
・スマートフォンをポイントカード化して、低コスト・効果的・効率的な販促を実現します。予約の受付や、売り掛け販売といった機能も充実しています。<ECサイト・ネットショップ在庫とつながる>

・複数店舗の店頭在庫を合計し、「ネクストエンジン」や「zaiko Robot」などといった外部のEC・ネットショップの商品管理サービスと自動連動できます。

 

<自社サイト会員とつながる>
・「EC-CUBE」や「MakeShop」などといった独自ドメイン構築用の外部ECカートサービスとのリアルタイム連携を行い、会員情報を一元管理することが可能です。

 

<データは無料のクラウド>
・最近まで、本格的なPOSシステムを導入するためにはサーバー機の購入や保守契約、定期バックアップ作業などが必要でした。パワクラを導入すれば、本部サーバー機能をクラウド化でき、導入コストの大幅ダウンと簡単な立ち上げを実現しました。

 

■ECサイト・ネットショップの効率的な商品管理ができるパワクラの詳細資料はこちら

 

・GoQSystem ごくーシステム 受注・商品・在庫・売上一元管理システム

 

 

 Yahoo!よりBest Store Awards 2017のコマースパートナー特別賞を受賞したGoQSystem(ごくーシステム)は、ECサイト・ネットショップのためのクラウド型 受注・商品・在庫・売上一元管理システムです。


【こんな通販事業者の方へおススメ!】
・1日の出荷件数が30件を超える、商品管理が煩雑・更なる売上拡大を目指している・多忙になり新規雇用を検討中


 実際の店舗運営から得た知恵と工夫、ECサイト・ネットショップ店長さんの『あったらいいな』を基に様々な場面で役立つ多彩な機能を搭載しました。人気機能のWeb領収書や、自動処理機能。自動処理機能は自分達で自由にカスタマイズすることができ店舗様によってはなんと、業務の80%を自動化することに成功しました。商品管理など、単純作業に時間と労力をかけるのは、もうおしまい!まずは、20日間の無料お試し期間でGoQSystem(ごくーシステム)の実力をご確認ください。

 

※20日間の無料お試し後、正式利用される場合:15,000円~/月額、最低利用期間3ヶ月。【完全固定料金】注文件数がどれだけ増えても、一切課金はされません!

 

■ECサイト・ネットショップの効率的な商品管理ができる 受注・商品・在庫・売上一元管理システムGoQSystem(ごくーシステム)の詳細はこちら

 

 

Become Feed Platform

 

 

 BFP (Become Feed Platform)では、ECサイト・ネットショップが保有する商品情報を「 Googleショッピング広告」「Criteo(クリテオ)」などの、商品データを必要とする広告サービスのフォーマット最適化を実施し、自動アップロードを実現することで、商品管理を効率的に行えるようにしたデータフィード最適化サービスとなっています。<柔軟かつスピーディなデータフィード最適化を実現>お客様のご要望に応じ、柔軟なベースデータ生成方法をご用意。アップロードされている各広告メディアのデータフィードの確認ができる管理画面でデータフィードの最適化をスピーディに行うことができます。サービス開始までのスピードも、概ね5営業日以内で提供しています。

 

<業界最安値級の料金>
 BFPの基本料金は初期費用5万円、月額費用5万円~。セルフなら、初期費用0円、月額費用2万円〜。業界最安値級の料金でお客様のデータフィード料金負担を軽減いたします。BFPでは、データフィードの最適化を定期的かつ長期的に行うことで広告効果の改善に繋げたいという想いから、基本的なデータ修正ならば追加費用をいただいておりません。

 

■効率的な商品管理なら Become Feed Platform

関連記事