写真画像だけでAIが食事内容を解析、RIZAPがアプリ機能強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIZAPグループ(株)は8日、同社グループ会社のRIZAP(株)で、パーソナルトレーニングジムのゲスト(ユーザー)向けのアプリ「RIZAP touch 2.0」をリリースしたことを発表。今回新たな機能として、AIで食事の内容を画像解析する「フードアナライザー」などを実装した。

 

 

AIの画像解析で摂取栄養素や不足栄養素を瞬時に表示

 「RIZAP touch 2.0」は、“ゲストが使い続けたくなるアプリ”をコンセプトに、分かりやすいユーザインターフェース(UI)を追求。ボディメイクを成功させるために重要な食事管理の機能を充実させ、「今日1日でどれくらいのたんぱく質を摂取したのか」、「あと何グラムの糖質が摂れるか」、「朝昼晩でどの食事に偏りがあるか」などが一目で分かるデザインに変更した。

1 2

関連記事