セブン&アイ、19年にアプリ連動の新決済システムを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長は、4日の朝礼で行った2019年の年頭挨拶で、「デジタル」「金融」「調達」の3戦略に基づき、上期中に各社のアプリと連動する決済システムも始動させる方針を示した。

 

 井阪社長は19年中、近年まれにみる数多くのイベントが予定されていることに言及。2月は生鮮品やワインなど関税の引き下げ、4月は改正出入国管理法および働き方改革関連法の施行、5月は新元号のスタートとそれに伴う大型連休の実施などが予定されていることを挙げ、事前に十分に影響を検討し、着実に対応を行う必要があるとした。中でも10月の消費増税は、年末商戦を控えた時期に実施されるため、消費者心理への影響を見極めた上で対応を図ることが重要だと指摘している。

 

上期中にグループ各社のアプリと連動する決済システムを開始

 また19年は、同社グループが取り組む中期経営計画の最終年度であることから、現在進めている「デジタル」「金融」「調達」の3戦略を深耕させ、さらなる成長とグループシナジーの創出に挑戦すると強調。その一環として、上期中に各社の新アプリと連動する決済システムを始動する。

1 2

関連記事