ソフトバンクに通信障害、佐川と福山通運の再配達・集荷に影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク(株)は6日、午後1時30分ごろから携帯電話サービスにおける全国的な通信障害が発生していると発表した。午後4時現在で原因は調査中で、復旧の見通しは立っていない模様。(追記:午後7時までに復旧したと公式発表、原因は「交換設備の不具合」)通信障害は、通販・物流業界にも大きな影響を与えた。

 

 

佐川・福山のドライバー端末通信できず

 ドライバーの専用端末の通信回線にソフトバンクを使用している佐川急便(株)は、集荷依頼情報と再配達情報が担当セールスドライバーの専用端末に届かないという事象が発生している。合わせてセールスドライバー専用の携帯電話も使用不能になっていることから、連絡が取れない状況だという。(12月6日18時現在)

 

 福山通運も佐川と同様に、集配ドライバーへの再配達や集荷に関する連絡・通信に不具合が生じているという。(12月6日18時現在)

 

なお、ソフトバンクは19日に東証に上場予定となっている。

 

※ソフトバンクは12月6日の遅くとも18時55分までに通信障害が復旧したと公式発表した。発表によると、復旧日時は午後6時4分、通信障害の原因は「交換設備の不具合」としている。

 

■【復旧】携帯電話サービスにおける通信障害について(ソフトバンクのHP)

 

(古川寛之)

関連記事