2018.11.27

脱段ボールへ…「置き配バッグ×エア包装」の配送試験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yper(イーパー)(株)は26日、ダンボールを使用しない新しい包装体での配送試験を実施すると発表。同社が提供する置き配バッグ『OKIPPA(オキッパ)』への配送に、日本包装機械が開発した『AirBall(エアボール)』を使用した包装体を採用した。

 

 

資材費半額でエコな「エアボール」を利用

 『AirBall』は、エアー式緩衝材とシュリンクフィルム包装を組み合わせた新たな包装体。商品自体を直接包装する“脱段ボール”で、このまま配送ができる。また、資材費を約半分に抑えられるため物流の効率化が図れ、開封後は空気を抜くだけでフィルム状となるため、ゴミを削減することもできる。

1 2

関連記事