2018.10.15

ヤマト、ベルヘリコプターと空輸で協業…専用の空輸ポッド開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマトホールディングス(株)(以下、ヤマトHD)は12日、米国テキストロン傘下でヘリコプターの開発などを手掛けるベルヘリコプターと、新たな輸送モードの構築に向けた基本合意書を締結したことを明らかにした。

 

 

ベルの「空」とヤマトの「陸」のノウハウを融合

 これにより、ベルヘリコプターが得意とする「空」と、ヤマトHDによる「陸」のノウハウを融合させた新たな空輸サービスを創出する。eVTOL機(Electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)を活用した物流領域でグローバルリーダーを目指す。

1 2

関連記事