2018.9.14

noteで鬼バズ!…カラーミーショップ大賞はパン屋「わざわざ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOペパボは12日、通算5回目となるネットショップアワード「カラーミーショップ大賞2018」を開催。長野県東御市の(株)わざわざが運営する「パンと日用品の店わざわざ」が4万5000店舗の頂点に立った。

 

 

4万5000超の店舗から全39ショップを表彰

 「カラーミーショップ大賞」は、「カラーミーショップ」の多彩なデザインや豊富な拡張機能を活用しながら、改良を重ね、売り上げを伸ばしているショップの中から、様々な視点で創意工夫を凝らしている店舗を発掘し、表彰するアワード。18年で通算5回目となった。4万5000超の店舗全てが一次審査の対象となる「オファー制」を採用。全店舗を対象に一次審査を行い、500店舗を選出。その上で、オファーを引き受けていただいた297店舗をノミネート店舗として公開。一般のインターネットユーザーによる投票を受け付け、最終審査を実施した。

 

 表彰内容は、「優秀賞(10店舗)」、優秀賞の中から最も優秀な1店舗に贈られる「大賞」。「地域賞(21店舗)」、「特別賞(4店舗)」、「にっぽん文化奨励賞(3店舗)」、「Amazon Pay賞(1店舗)」全39店舗を決定した。

 

総投票数は43万、インスタで投票呼びかけるショップ多い傾向に

 今回のアワードを総括したGMOペパボの星隼人常務取締役は「総投票数は43万票にも上った。今回の傾向としては、インスタを活用した投票を呼びかけるショップが多かった。『地域賞』については、地方で頑張っているショップさんを励ましたい、という思いから10枠から21枠に増やした」などと話した。

 

 同社の佐藤健太郎社長は「カラーミーショップが皆さんの自己表現や自己実現につながる場になれば」と受賞店舗を激励した。

 

GMOペパボの佐藤健太郎社長

 

 

大賞の「わざわざ」、売り上げ成長率230%に

 大賞となった、わざわざは長野県で実店舗のパン屋を営みながらECを展開する企業。過去のカラーミーショップ大賞の優秀賞を複数回受賞している常連受賞店舗。売り上げ成長率は230%を記録し、満を持しての大賞受賞となった。平田はる香社長は「約10年前に1人でお店をはじめて、12年からカラーミーショップを利用している。日々2000アイテム位を出荷している。毎日サイトを更新して売り上げを作ってくれているスタッフ、サイトで買い物してくれているお客さまがいたからこそ、このように会社やサイトが成長できたと思う」とコメントした。

 

わざわざの平田はる香社長

 

 わざわざは、インスタグラムなどSNSからの集客に強みを持つという。noteの活用もしており、今年4月に平田はる香社長が投稿した「山の上のパン屋に人が集まるわけ」は、GMOペパボの星隼人常務取締役いわく「鬼バズり」大きな反響を呼んだという。

 

 売り上げ成長の要因については「これまで複数のスタッフが実店舗業務などとEC業務を兼任している形で、専任担当がいなかった。今年から、アルバイトながらEC専任担当者を置いた。出品など更新作業の機動力が高まったことが大きい」(平田社長)としている。同社の18年2月期の売上高は1億7000万円。19年2月期については「3億円くらいまで伸ばせる見込み」としている。

 

売り上げ成長200%超の店舗や、動画・SEOが奏功した店舗も

 そのほかに優秀賞受賞店舗では、大きな売り上げ成長を達成したケースが少なくない。熊本県で食品ECを展開する(有)のはら農研塾は、売上が200%超となった。東京の(株)東旗が運営する食品EC「かわしま屋」は、動画再生回数が120万回以上を記録し、売上は164%成長となった。大阪の(株)グラムスタイルが運営する「びっくりカーペット」は、SEO施策が功を奏し、売上130%を果たすなど特徴的な成果を上げている。

 

 

カラーミーショップ大賞の全受賞店舗は下記の通り。

 

・優秀賞(10店舗) 

 「デザイン・PR・売上成長率」の3つの審査基準をバランスよく

満たしている上位10店舗を選出。

 

(・店舗名<取扱商品ジャンル>)

・うなぎの寝床 <もんぺ・生活雑貨>

・かわしま屋<食品・調味料>

・書遊Online <書道用品>

・ゼンリン住宅地図オンラインショップ<地図>

・SOU・SOU netshop <ファッション雑貨>

・小さいふ。クアトロガッツ <革財布>

・千葉ロッテマリーンズオンラインストア<球団グッズ>

・のはら農研塾 <すいか・米・さつまいも>

・パンと日用品の店 わざわざ  <パン・日用品>

・びっくりカーペット<カーペット>

 

・地域賞(21店舗)

 国内7つのエリア(北海道・東北、関東(東京除く)、東京、中部、

近畿、中国・四国、九州・沖縄)を代表する21店舗を選出。

 

(・都道府県/店舗名<取扱商品ジャンル>)

・北海道  SAVON de SIESTA <石鹸>

・山形県  セゾンファクトリー<加工・食品・調味料>

・神奈川県 井出トマト農園<トマト>

・東京都  革財布の山藤<革小物>

・東京都  旬八青果店 <青果>

・東京都  CHESSE STAND<チーズ>

・石川県  谷川醸造<醤油>

・山梨県  sinju <印鑑>

・静岡県  山本食品オンラインショップ<わさび>

・奈良県  NAOT JAPANオフィシャルサイト <革靴>

・大阪府  中出農園<泉州水なす>

・大阪府  有限会社猪飼弓具店 <弓具>

・兵庫県  平岡農園 <みかん・レモン>

・京都府  画箋堂オンラインショップ マテリエ<画材>

・京都府  UCHU wagashi<落雁>

・京都府  京・東寺 うね乃<おだし>

・広島県  ライズオンラインショップ<消防・救助用品>

・愛媛県  無茶々園<柑橘・加工品>

・島根県  御朱印帳専門店しるべ<後朱印帳>

・長崎県  五島がごちそう。浜口水産 <練り物>

・佐賀県  KIHARA online store<有田焼>

 

・特別賞(全4賞・各1店舗) 

 ベスト店長賞、ベスト商品賞、ベストセレクト賞、ベストデザイン賞の

各視点から各1店舗を選出。

 

(・特別賞名/店舗名<取扱商品ジャンル>)

・ベスト店長賞/石膏像ドットコム<石膏像>

・ベスト商品賞 LAVI SHOP <女性衣服・アンダーウェア>

・ベストセレクト賞 布と型紙のお店クルール<布・型紙>

・ベストデザイン賞 イロドリ<うつわ・生活雑貨>

 

・にっぽん文化奨励賞(3店舗)

 地域から全国へ。日本から世界へ。オンラインショップを使い

日本文化を発信している3店舗を選出。

 

(・店舗名<取扱商品ジャンル>)

・aiyu<陶器>

・筒井時正玩具花火製造所<花火>

・松崎冷菓オンラインショップ<アイス>

 

・Amazon Pay賞(1店舗)

 「Amazon Pay」を導入して、より多くの購入者に簡単・便利な購入体験

の提供を実現した1店舗を選出。

 

(・店舗名<取扱商品ジャンル>)

・シャンパーニュ専門ショップ マチュザレム<シャンパン>

関連記事