2018.8.15

ブランジスタ3Qは増収減益、先行投資で純損失4億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ブランジスタがこのほど発表した18年9月期第3四半期(17年10月~18年6月)決算は、売上高が前年同期比8.6%増の24億4300万円、3億400万円の営業損失(前年同期は200万円の利益)、4億1500万円の純損失(同1億3100万円の利益)となった。

 

3Dクレーンゲーム「神の手」のテレビCMなどの投資で赤字決算に

 第3四半期は、電子メディア事業の「電子雑誌」と連結子会社(株)ブランジスタゲームが運営する、3Dクレーンゲーム「神の手」の業容拡大などに注力。電子雑誌業務では、「飲み旅本。」「BeViVi(ビーヴィヴィ)」「HowB(ハウビー)」「LiSTA(リスタ)」「FABIENNE(ファビアンヌ)」を創刊した。さらに地方自治体とのタイアップ誌の獲得も強化し、タイトル数の増加を図った。

1 2

関連記事