フリマアプリの経済効果、最大750億円超にも…メルカリ調査

,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (株)メルカリが7月31日に発表した「フリマアプリ利用者における消費行動の変化」に関する調査によると、フリマアプリによる周辺サービス市場への経済効果は、最大で年間約752億円にのぼることが明らかになった。

 

クリーニングや修繕費・資材購入など、一人当たり年4000円の消費増

 

発送目的で郵便局やコンビニ、資材購入に百均など…利用頻度が増加

 同調査は、全国の20~59歳のフリマアプリ利用者・男女1032人を対象としたインターネット調査によるもの。調査期間は18年7月6日~7日。監修は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶准教授が担当した。

 

 フリマアプリの利用前後で利用回数が増えたお店やサービスについての質問では、43.9%が商品発送の目的で「郵便局」の利用が増えたと回答。次いで、39.9%が同じく発送の目的で「コンビニ」、33.3%が包装・梱包資材購入目的で「100円均一ショップ」と答えている。利用回数では、「郵便局」が1.8回増、次いで「宅配便営業所(クロネコヤマトなど)」と「クリーニング」がそれぞれ1.6回増えている。

 

 

 金額では、「クリーニング」が683円、次いで「洋服のお直し」が538円、「ホームセンター」が533円増えている。これらの利用金額をフリマアプリ利用前後で比較すると、1人当たり年間平均で約4143円の消費が増えたことがわかった。

 

 

修理や修繕の意欲高く…理由は「高く売れる」「早く売れる」など

 また、リペア(修繕)サービスの利用意向については、フリマアプリ利用者の42.5%が「修理が必要だがまだ使えるモノを修理して出品してみたい」という意向を持っていることが分かった。

 

 

 年齢別では、20代は修理してから出品する意向が51.9%と過半数に達し、30代は43.4%、40代は39.1%となっている。これらから若年層ほど「修理してでも出品したい」というリペア意識が高まっている傾向が分かる。リペアする理由では、「修理した方が高く売れるから」(65.1%)、「修理した方が買った人が喜ぶと思うから」(36.7%)、「修理した方が早く売れるから」(28.9%)が上位を占めた。

 

 

 さらに、フリマアプリが周辺サービス市場に及ぼす経済効果を計算したところ(※1人当たりの消費額が約4143円増加した場合)、周辺サービスへの潜在的な経済効果は、最大で年間約752億円にのぼることが分かった。

 

慶應義塾・山本准教授「フリマアプリは周辺市場に新たな需要を創出している」

 山本准教授は「フリマアプリの登場は消費者の行動に大きな変化をもたらし、その変化は生活者の買い物行動やフリマアプリ上の出品行動や購買行動だけでなく、周辺サービスの利用にも及んでいる。中でも修理やクリーニングといったリペア・サービスの利用頻度や金額が増加している。フリマアプリの登場は、リペアなど周辺市場に新たな需要を創出し、経済的価値をもたらしている」と考察している。

 

調査の監修を担当した慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶准教授

関連記事