ギフト購入、口コミ・評判で顧客ロイヤリティが大きく変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)Emotion Techと大日本印刷(株)が30日発表した「ギフトの購入方法に関するNPS調査」によると、口コミや評判が悪いためにNPS(ネット・プロモーター・スコア=顧客ロイヤルティ)が下がっている企業が多いことが分かった。

 

 

NPSが最も高い購入チャネルは「インターネット・EC」

 NPS(Net Promoter Scoreの略)は、「友人や同僚に薦めたいか?」という質問への回答から算出される、顧客ロイヤルティを図る指標。同調査では、20代以上の男女1200人を対象に実施し、カスタマージャーニーマップを用いた分析と併用して考察した。調査期間は6月8日~11日。

1 2

関連記事