2018.7.24

消費者庁、川口次長が退職…後任は政策立案総括審議官の井内正敏氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

09年の消費者庁発足時メンバーである井内氏がナンバー2に

 

 消費者庁は7月27日付で、次長の交代人事を行う。後任は09年の消費者庁発足時メンバーでもある政策立案総括審議官の井内正敏氏。現任の川口康裕次長は退職する。

 

 

川口次長は徳島オフィスや機能性表示でも尽力

 井内正敏氏は、84年東京大学経済学部を卒業し、経済企画庁に入庁、国民生活センター総務企画部企画広報課長や内閣府大臣官房参事官などを経て、09年9月の消費者庁発足時に総務課長に就任。その後、金融庁総務企画局参事官などを経て15年7月に消費者庁審議官、今年4月から現職。

 

1 2

関連記事