2018.7.13

楽天、ジャパネット、ライザップも被災地支援…楽天は特別休暇も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月初旬に九州から中国地方、近畿地方、中部地方にかけて西日本全体を襲った「平成30年7月豪雨」で、高速道路などの通行止めが徐々に解除されるなか、通販事業者は衣類や食品の寄付や募金活動などの被災地支援を引き続き実施している。

 

 

※イメージ写真

 

楽天は被災地ボランティアで社員に特別休暇を付与

 楽天(株)では、被災地への物資支援として、(株)楽天野球団から岡山県倉敷市にシャツ、タオルなどを提供し、楽天ヴィッセル神戸(株)からTシャツ、タオルなどを寄付した。また、楽天グループ従業員の被災地ボランティア活動をサポートし、特別休暇(災害ボランティア休暇、最大5日間)の付与、ボランティア活動にかかる費用の一部補助を行った。

 

 また、インターネット募金「楽天クラッチ募金」を通じた募金は、楽天スーパーポイントによる募金、クレジットカードによる募金、楽天カードかVISA・Mastercardブランドの各種クレジットカード、楽天銀行から募金などをあわせ、7月12日時点で総額 4212万1605円の募金が集まった。

 

 (株)ジャパネットホールディングスでは、13日の番組で販売する防災用品の全売上を被災地へ寄付することを決定。サバイバルフーズ(野菜シチュー・クラッカー)、折りたたみ式ヘルメット、LEDランタン、充電式電池の売上を対象としている。

 

 RIZAP(株)では被災地からの要望に基づき、12日以降に広島県尾道市・三原市・呉市・竹原市・江田島市、岡山県高梁市に『RIZAPウォーター(500mL)』を各350ケース(各8400本)届けることを決定。さらに「RIZAPグループ株主優待」で、「平成30年7月豪雨」の被災地へ寄付できるメニューを追加した。寄付は1000ポイント(1000円分)から行える。

 

▽関連記事

ファンケル、ベネッセ、ユニクロなども被災地支援

西日本豪雨、山陽の物流寸断続く…通販企業による支援も続々

関連記事