2018.7.12

クックパッド、ネットスーパー「クックパッドマート」を開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クックパッド(株)は10日、生鮮食品が購入できるネットスーパー「クックパッドマート」を、18年夏に東京都内(渋谷区・世田谷区・目黒区の一部)で開始する。

 

 

クックパッドレシピ付きの食材や食材セットを提供

 「クックパッドマート」は、精肉店や鮮魚店、ベーカリーなど地域で有名な店や農家の「こだわり食材」をアプリから購入できる生鮮食品ネットスーパー。「焼きたてパン」や「朝採れ野菜」などの新鮮な食材を、当日に受け取ることができる。また、クックパットレシピ付きの食材や、レシピに紐付いた食材セットを購入できるため、日々の買い物や食事作りの負担が軽くなる。

 

 商品の受け取りは、提供地域の店舗・施設などに設置された受取場所の中から選択し、好きな時間に受け取れる。送料は無料で1品からでも注文が可能。毎回必要な分だけ購入することができる。

 

 

 同社ではティザーサイトを公開し、販売店として参加する販売者・生産者、および受取場所として参加する店舗・施設などのパートナーの募集をしている。想定している販売店は、精肉店・鮮魚店・ベーカリーなどの販売者、農業や畜産業などで直販可能な生産者など。対象エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉で、順次提供地域を拡大する予定。

 

 受取場所については、受け取り用設備を設置可能なスペース(0.5m2程度の面積)があり、店舗や施設などに空きスペースがある施設運営者・事業者などを募集する。洋品店、クリーニング店、食品・飲料・飲食店、不動産店などの各種店舗を想定している。対象エリアは当初、渋谷区・世田谷区・目黒区のみとしている。

 

「クックパッドマート」ティザーサイト

 

 

関連記事