2018.7.11

ECの世界市場は2.4兆ドル、1位中国・4位日本…通商白書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省が10日公表した『平成30(2018)年版通商白書』によると、16年のEC(B2C)市場規模は、世界で約2.4兆ドルに達する見込みで、地域別では1位の中国が世界市場の4割を占め、2位が米国、3位がイギリス、4位が日本、5位がドイツの順となった。EC化率は、1位が中国(19%)で、2位がイギリス、3位が韓国となり、日本は7位だった。

 

 

世界の越境EC市場規模、20年には9940億ドル

 通商白書は、1949年から毎年発行されている貿易に関する報告書。18年版では「拡大するデジタル貿易」「ITプラットフォーマーの躍進」「急成長する中国経済」「中国の高成長の取り組み」「在中国日系法人の課題」などについて取り上げている。

 

 同書によると、世界の越境EC市場規模は、18年には6750億ドル、20年には9940億ドルに達する見込みで、このうちB2C市場規模は16年地点で約2.4兆ドルに達している。

 

 

 また、20年には越境EC利用者が9億人を超えると予想。地域別の成長率では、中国が目立って高く、2位のアメリカの約1.6倍となっている。中国はEC化率(19%)でも世界をリードしており、今後も世界のEC市場を牽引することが予想されている。

1 2

関連記事