2018.5.24

都の「若者のトラブル110番」、通販関連が最多…定期購入の相談事例も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都は22日、3月12日、13日の2日間に実施した特別相談「若者のトラブル110番」の結果を公表。相談件数113件のうち、販売形態としては通信販売に関する相談が40%(45件)と最多。商品・役務別では、健康食品などの通信販売に関する相談18件と、最も多かった。

 

 

通販の相談は40%、商品・役務分類では健康食品が目立つ

 

 「若者のトラブル110番」は、若者の消費者被害の未然防止・早期発見を図るため、関東甲信越ブロック(1都9県6政令指定都市および国民生活センター)が共同で、毎年1月から3月まで実施している「若者向け悪質商法被害防止キャンペーン」の施策のひとつ。今年の特別相談では、東京都消費生活総合センター24件、区市町の消費生活センター(23区26市1町)に89件の相談が寄せられた。

 

 

1 2

関連記事