2018.5.8

STORES.jp、オープンロジと提携し物流サービス拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストアーズ・ドット・ジェーピー(株)は8日、物流プラットフォームを運営する(株)オープンロジと業務提携したと発表した。今回の提携により、STORES.jp利用者向けに商品保管・配送代行を代行する「倉庫サービス」をリニューアルし、提供を開始した。

 

 

 

 

出店者は入庫・保管・発送指示をシームレスに作業可能に

 

 リニューアルした「倉庫サービス」では、STORES.jpの管理画面から簡単に入庫・保管・発送指示を行うことが可能になった。オープンロジが提供するAPIを利用することにより、複数の管理画面を行き来せずシームレスに作業できるようになる。これまでできなかった入庫依頼をした商品の管理も管理画面上で行える。

 

 配送料については、従来は小さな商品も含め一律800円(税別)で提供していたが、発送商品の大きさに合わせて配送料を変更することが可能になった。小さいものでは330円~(税別)で配送できる。そのほか、保管料が1点につき一律25円(税別)だったところ、1日あたり0.2円~(税別)に変更。「大きさ」「利用日数」別の請求が可能になったことから、必要な量を必要な期間だけ保管できるようになった。

 

 

 今回のリニューアルについて、ストアーズ・ドット・ジェーピーの塚原文奈CEOは「これまで販売件数が多ければ多いほど、発送業務に多くの時間が割かれていた。そこでルーティーン業務に割く時間を極力無くすことができればという想いから、オープンロジとの提携を決めた」とコメント。オープンロジの伊藤秀嗣CEOは「在庫管理、発送業務の負荷を下げる取り組みを推進することで、より多くのEC事業者のバックエンド支援に繋げていきたい」と語った。

 

 同社では、ネットショップと連動した自動出荷機能を追加する予定で、これにより商品を倉庫に送るだけで、配送業務が自動で行えるスキームが実現する。さらに今後、社会的な課題となっている宅配便の再配達問題など、ネットショップ販売サイドと物流サイドの協調が必要な領域について、共同で取り組みたいとしている。

 

■ストアーズ「倉庫サービス」

関連記事