エポスカード、ECサイト上でカード審査・入会が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸井グループの(株)エポスカードは7日、5月からGMOペイメントゲートウェイ(株)(以下、GMO-PG)の決済サービスを導入するECサイト上でクレジットカード「エポスカード」の入会ができるようにし、カード入会チャネルを拡大すると発表した。

 

 

第1弾としてラクサス、エアクロのサイト上で受付を開始

 これまでエポスカードでは、ICチップ付きVISAカードの即時発行を強みとして、年間70万人を超える新規カードの入会を実現。今後EC市場の成長が予測されていることなどを踏まえ、今回GMO-PGの決済サービスを利用するネットショップを新たな募集拠点として加える。

 

 同取り組みの第一弾では、ブランドバッグシェアリングサービス「Laxus」(ラクサス・テクノロジーズ(株))およびファッションレンタルサービスの「airCloset」((株)エアークローゼット)のサイト上で、「エポスカード」の受け付けを開始する。

 

 クレジットカードの審査は通常、申し込みから数日を要し、さらに手続き後に郵送されるカードの番号を登録する必要がある。今回の取り組みではカードの申し込みと同時にリアルタイムで審査を実施。その場でクレジットカード決済によるネットショッピングが可能となる。さらに今後、エポスカード会員のID・パスワードによる決済やエポスポイントの利用なども導入する予定。

 

■エポスカード

 

■Laxus

 

■airCloset

関連記事