CCCグループが子会社2社を設立、4事業体制に組織変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)(CCC)は1日、グループ組織を変更し、CCCデザイン(株)(武田宣社長)と、CCCクリエイティブ(株)(田代誠社長)の2社を新たに設立した。

 

 

組織変更で意思決定を迅速化

 新設されたCCCデザインは、生活提案事業とT-Siteなどの商業施設の企画運営を担う。CCCクリエイティブは、新領域開発を含むコミュニケーションデザインとコンサルティング事業を担当する。

 

 CCCグループは、グループ全体の純粋持株会社となるCCCを中心に、TSUTAYA事業・蔦屋書店事業・出版事業などを展開するCCCエンタテインメント(株)Tポイント事業・マーケティングプラットフォーム事業を担うCCCマーケティング(株)と、新設された4社の事業持ち株会社で構成される。

 

 同社は、「グループ全体のミッションや価値観を共有しながら、顧客接点で迅速な意思決定ができるよう、フラットな組織をつくり、これからもスピーディに細やかに顧客価値創造をする企画会社として邁進する」とコメントしている。

関連記事