2018.4.27

ゾゾが世界へ…前澤氏「目標は時価総額5兆円、世界トップ10」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スタートトゥデイは27日、同社初となる中期経営計画を発表。販促や決済機能の外販など、企業間取引の取扱高を3年で300億円に拡大し、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」(ゾゾタウン)やコーディネートアプリ「WEAR(ウエアー)」の広告販売の売上高を3年で100億円に拡大することを目指す。そのほか、グループ会社スタートトゥデイ研究所による「服作り」「コーディネート」「採寸」の研究を強化する。前澤友作社長は会見で「10年以内に時価総額5兆円を目指す」と話した。

 

 

「グローバルアパレルトップ10入り」も目標に

 前澤社長は中期経営計画の目標として「現在の当社の時価総額は1兆円弱、3年後に2兆円、6年後に3兆円、10年後5兆円を目指す」とし、「オンラインSPA世界ナンバーワン」「グローバルアパレルトップ10入り」についても目標として掲げた。

 

 計画達成には「服の買い方」「服の選び方」「服の作り方」——の3つについての「革命」が必要であると指摘。「BtoB事業再強化」「広告事業」「スタートトゥデイ研究所」の3つの試みを軸に、革命の実現を果たしていく。

 

 

 BtoB事業再強化については、「ツケ払い」と言った決済機能やゾゾタウン独自の販促機能、さらには店舗ソリューション支援までを提供する事業にする。

 

 広告事業については、ゾゾタウンやウエアー内に広告スペースを設け販売していく。3カ年の計画としては、初年度に30億円、2年目に50億円、3年目に100億円の売り上げを目指す。

 

 スタートトゥデイ研究所の展開としては「服作り」「(服の)似合い」「採寸」の研究を強化していく。服作りの面では、「オートデザイン」「新素材」「新生産ライン」を研究する。「似合い」については、推薦アルゴリズムの研究を行う。「採寸」については、体型だけでなく、「動き」や「筋肉」などにもフォーカスするなど、ゾゾスーツをさらに進化させていく考え。

 

 21年3月期までの3カ年の数値計画も明らかにした。21年3月期には、ゾゾタウンとBtoB取扱高を5150億円に、ゾゾPBを2000億円に、営業利益を900億円までそれぞれ高めたいとした。

 

関連記事