2018.4.27

「らくらくメルカリ便」、5月からセブンでも受付可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)セブン‐イレブン・ジャパンと(株)メルカリ、ヤマト運輸(株)は5月7日、フリマアプリ「メルカリ」の発送サービス「らくらくメルカリ便」の受付を、全国のセブン‐イレブン約2万店でも受け付けを開始する。

 

 

全国約2万店のセブンからヤマトで荷物を送れるように

 

 今回の連携により、メルカリの出品者はセブン‐イレブンから、匿名で商品を送ることが可能に。メルカリとヤマト運輸が住所などのデータを保持しているため、送り状に出品者と購入者の住所が記載されていなくても荷物を送ることができる。

 

 利用方法は、商品が売れたのを確認した後、取引画面で「らくらくメルカリ便」を選択。梱包した商品を最寄りのセブン‐イレブンに持ち込む。アプリ上に表示された配送用のバーコードをレジで読み取り、配送伝票を発行して商品の表面に貼付する。

 

 

 配送できる荷物のサイズは、「宅急便」(サイズ:3辺の合計160cmまで、重量:25kgまで)、「宅急便コンパクト」(サイズ:専用BOX25×20×5cm、専用薄型BOX24.8×34cm(外寸)まで、重量:制限なし)、「ネコポス」(サイズ:22.8×31.2×2.5cmまで、重量:1kgまで)。

 

 料金は全国一律で、「宅急便」が600円~1500円(税込)、「宅急便コンパクト」が380円(税込)、「ネコポス」195円(税込)。メルカリが料金の一部を負担するため、ヤマト運輸の通常送料よりも最大69%安く設定されている。また、配送状況はアプリ上で確認ができ、万が一配送時にトラブルが発生した場合には、メルカリが商品代金を全額補償する。

 

■らくらくメルカリ便 セブン−イレブンでの送り方(YouTube)


■らくらくメルカリ便

 

関連記事