17年世界スマートデバイス市場、27%増の4憶3000万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT専門調査会社のIDC Japan(株)が17日発表した「コンシューマー向けスマートホームデバイス市場に関する市場予測」によると、17年のスマートホームデバイスの出荷台数は、全世界で4億3310万台に達したことが分かった。

 

 

 同調査は、同社独自の調査手法に基づき、スマートスピーカー、デジタルメディアアダプター、照明、温度調節器など、家庭で使用するIP接続デバイスの市場規模および予測を行ったもの。

 

「Amazon Echo」などのAIスピーカーが市場をけん引

 調査によると、17年における全世界のスマートホームデバイスの出荷台数は、前年比27.6%増となる4億3310万台に達した。また、今後の年間平均成長率(CAGR)については、18.5%になると予測しており、22年には9億3970万台に達する見込み。ちなみにスマートホーム市場で最も成長率が高いのは、「Amazon Echo」や、「Google Home」などのデバイスを含むスマートスピーカーのカテゴリーとなっている。

 

 こうした結果ついて、米国IDC Consumer IoT Programのシニアリサーチアナリストのアダム・ライト氏は、「スマートアシスタントは、スマートスピーカー、温度調節器・冷蔵庫・テレビなど、形式を問わず急速にコンシューマーIoTの基盤になりつつある。スマートアシスタントの普及率は、近い将来、著しく上昇するだろう」と分析している。

 

 他に、スマートテレビ、デジタルメディアアダプターなど、IP接続ビデオデバイスを含むビデオエンターテインメントデバイスは、17年~22年までの間のCAGRが、出荷台数ベースで8.3%となると予測。さらに、スマートホーム市場の売上高の約4分の3を占めることが見込まれている。

 

 ドア錠・カメラ・湿度センサー・ドアベルなどのデバイスで構成されるホームモニタリング/セキュリティは、22年までの間に出荷台数ベースで2番目に大きくなると予測。今後、住宅に備え付けるのが容易になり、「DIY指向」でない消費者も手軽に取り込むだろうと予想している。

関連記事