2018.4.16

ヤッホー井手社長「他社が真似を躊躇するほどの差別化を」…EBS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人イーコマース事業協会(EBS)は14日、大阪・YMCA国際文化センター(大阪市西区)で設立16周年記念イベント「ネットショップカンファレンス2018 NEXT STAGEー繁栄する商いの本質ー」を開催、EC事業者ら約240人が参集した。セミナーでは、(株)ローソンの竹増貞信社長や(株)ヤッホーブルーイングの井手直行社長が登壇したほか、「第10回ネットショップグランプリ」も行われた。

 

イベントの様子

 

ヤッホー井手社長「他社が真似を躊躇する差別化手法でファン獲得」

 基調講演には、クラフトビール「よなよなエール」をECや店舗で展開するヤッホーブルーイングの井手社長が登壇。同社は創業から8年は赤字だったが、楽天市場を中心にネット通販に力を入れ、今は13連連続増収増益を達成している。井手社長は、「経営におけるトレードオフ」の重要性を説いた。30代女性向けのビールとしてヒットした「水曜日のネコ」の事例をあげながら「ターゲットを狭く具体的に設定し、他社が真似を躊躇するくらいに差別化を行い熱狂的なファンを作り出すことに成功できた」などと語った。

 

ヤッホーブルーイングの井手社長は自社事例を引きながら経営戦略を講演

 

新代表理事「協会の存在意義を再確認へ」

 EBSの役員体制も変更した。新任の代表理事として、京都で酒類ECを運営するハイフィットの吉村正裕氏が理事長に新任した。任期は2年間。会の冒頭で吉村理事長は「協会の存在意義の再確認を行なっていく」などと所信表明を行なった。

 

所信表明を行う新任の吉村正裕代表理事


 「第10回ネットショップグランプリ」では、(株)フィルの運営する「輸入壁紙専門店 WALPA」がグランプリに輝いた。また、健康茶通販のティーライフ(株)などが準グランプリを獲得した。

関連記事