2018.4.10

楽天が第4の携帯キャリアに…総務省が参入許可

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は9日、総務省から1.7GHz帯周波数(1825MHz~1,845MHz)における割り当てを受け、移動体通信事業者(Mobile Network Operator)としての参入認可を得た。同社は第4の携帯キャリアとして、19年10月にサービスを開始する。

 

 

サービス提供開始予定は19年10月

 同社は第4世代携帯電話システム(4G)用周波数における携帯キャリア事業への新規参入に向けて、東京電力グループ、中部電力(株)が保有する電力設備(送電鉄塔・配電柱・通信鉄塔・建物屋上など)を活用する方向で協議を続ける一方、総務省への認定申請を行っていた。

 

 同件に係る資金については、所要の最大6000億円のうち、最大2000億円をハイブリッドファイナンスなどから調達し、楽天モバイルネットワーク(株)に出資する。残額については銀行借入などにより調達する予定。

関連記事