いつも.が複数チャネルEC事業代行サービスの拠点開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)いつも.は4日、複数チャネル対応のEC事業代行サービスに対応する「DtoCビジネスセンター」を本社オフィス内に開設した。DtoCとは、Direct to Consumer (D2C)のことで、ECチャネルを使い消費者に直接販売するモデルを指している。

 

主要モールをカバー、拠点にはEC支援の精鋭を配置

 「DtoCビジネスセンター」は、同社が提供する複数チャネル対応EC事業代行サービス「End to End」の対応を専門的に行う施設。EC支援に特化した約280人のスタッフの中から、メーカー直版ECビジネス支援に実績を持つメンバーを選抜して配置している。同ビジネスセンターの新設により、メーカー・ブランド保有企業のDtoCモデル構築と販売サポートを強化する。

 

1 2

関連記事