2018.3.28

101品目の表示・広告に改善指導…東京都試買調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都が27日発表した「平成29年度健康食品試買調査結果」によると、調査対象となった通信販売で売られている商品79品目のうち、76品目で不適正な表示や広告が見られたことが分かった。

 

 

 

不適切な表示・広告をしていた通販企業に改善指導

 同調査では、法令違反の可能性が高いと思われる健康食品を対象に調査を実施。都内の健康食品売場で46品目を、インターネットなどの通信販売で79品目を購入し、合計125品目について調査している。その結果、販売店で購入した製品のうち46品目中25品目に不適正な表示・広告が見られ、インターネットなどの通信販売で購入した製品では、79品目中76品目に不適正な表示・広告が見られた。

 

1 2

関連記事