2018.3.28

新日本製薬『パーフェクトワン』、国内売上2年連続No.1に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新日本製薬(株)は27日、同社が展開するオールインワン化粧品ブランド『パーフェクトワン』が富士経済「化粧品マーケティング要覧2018」(3月27日発行)のモイスチャー部門とオールインワン部門で、2年連続「メーカーシェアNo.1」「ブランドシェアNo.1」を獲得したと発表した。

 

 

 『化粧品マーケティング要覧2018』は、スキンケア9品目、フレグランス5品目の合計14品目について、市場規模推移、メーカーシェア、ブランドシェア、種類別動向、価格帯別動向、チャネル別動向などを分析し、各品目ごとの沿革や主要商品リストを掲載したもの。『オールインワンジェルシリーズ』はこのうち品目別市場特性別のモイスチャーの項目に記載されている。

 

累計販売個数は4000万個に

 「オールインワンジェルシリーズ」は、06年に販売を開始。化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地の機能を持つオールインワン美容液ジェルとして、17年8月までの間に累計販売個数4000万個を売り上げている。

 

 種類は、基本タイプの『モイスチャージェル』、高保湿の『スーパーモイスチャージェル』、美白ケアの『薬用ホワイトニングジェル』、エイジングケアの『リフティングジェル』『ローズジェル』の5タイプ。価格は4,104円(税込)~6,480円(税込)。

 

 

 同社では、今後も多様化する女性の生き方に対応した商品の開発を続けるとしている。

 

 

■新日本製薬公式オンラインショップ

関連記事