2018.3.23

NTTデータ、越境EC向けの台湾ローカル決済サービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)NTTデータと台湾玉山銀行は4月3日、日本国内のEC運営企業・店舗向けに、ECサイトで台湾ローカル決済が利用できるサービスの提供を開始する。

 

 

 同サービスを利用することで、日本のECサイトでの決済手段として、既存のクレジットカード以外に台湾の各銀行が発行するキャッシュカードでの支払いや、台湾の指定コンビニでの現金払いなどが可能となる。また、クレジットカードを持たない若年層の新規顧客の取り込みも期待できる。

 

 加盟店のメリットとしては、(1)台湾ユーザーによる航空券やホテルの予約手配、商品の購入などを安心・安全で多様な決済方法を提供することが可能になる、(3)台湾ローカル決済により台湾から送客効果・売上拡大が期待できる、(4)主要現地決済手段(クレジットカード払い・キャッシュカード払い・指定コンビニでの現金払いなど)に対応、(5)精算金額がECサイトの取引時に分かる、(6)為替変動のリスクを受けない、(7)チャージバックの対応や保証を行う必要がない、など。

 

 近年、訪日台湾人の増加に伴い、台湾消費者の日本へのニーズが高まっているが、日本のECサイトで航空券・ホテルの手配や商品の購入を行う際に台湾ローカル決済ができなかった。そこで、NTTデータでは17年2月に玉山銀行と提携し、台湾ローカル決済の環境構築について検討。今回サービスとして提供開始する運びとなっている。

 

 同サービスは、現在バニラ・エア(株)のECサイトで決済方法として採用されているほか、航空会社を含めた複数企業が導入を決め、順次運用する予定。

 

 

関連記事