ユーザー注目のSNS、「新興SNSよりInstagram」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アライドアーキテクツ(株)が5日発表した「SNSの利用実態についての調査」結果によると、「SNOW」「pixiv」「LINE LIVE」の利用者が増える一方で、Facebook、Twitter、Instagram、LINEなど従来のSNSを使い続けたいと考える人が多いことが分かった。

 同調査は、10代~50代以上の男女4624人を対象としたインターネット調査(SNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」)によるもので、調査期間は2月1日~6日。

SNS利用数は平均4.2個

 同調査によると、今現在使っているSNSの数は、平均で1人当たり4.2個だった。また、Facebook、Twitter、Instagram、LINE(以下、4大SNS)に限定すると、「4つすべて使ったことがある」と答えた人36.5%、「1つ以上使ったことがある」と答えた人は93%、「いずれも利用したことのない」人は7%となっている。

1 2

関連記事