2018.3.2

楽天市場店舗の決済統一、「Oneペイメント」は実現するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「第4の携帯キャリア」参入の動向が注目を集めている楽天(株)だが、主力事業である「楽天市場」でも、楽天がすべての配送状況を管理する「Oneデリバリー」や、どの店舗でも同じ決済手段が利用できる「Oneペイメント」構想などが、話題を集めている。どちらかというと「Oneデリバリー」の話題が先行しているが、「Oneペイメント」はこれまで店舗ごとに異なっていた決済手段を統一するもので、これまでの楽天の弱点を克服する、楽天市場のなかでも最重要プロジェクトの1つになっている。「Oneペイメント」とはいったいどのようなものなのか、全店舗での決済手段統一は可能なのか、「Oneペイメント」の核心に迫った。

 

 

「Oneペイメント」=「楽天ペイ」?

 同社を取材したところ、「Oneペイメント」とは、すべての店舗で同じ決済手段が使用できることを言い換えた言葉で、サービス名ではないことがわかった。「Oneペイメント」を実現するのは「楽天ペイ(楽天市場決済)」という決済プラットフォームで、同プラットフォームで利用できる決済手段は、クレジットカード決済、コンビニ決済、金融機関利用決済、楽天による後払い決済、電子マネー(楽天Edyなど)、楽天スーパーポイントなど、多岐にわたる。

 

 すでに一部の店舗では、先行して同決済プラットフォームに切替済みで、楽天では年内中に全店舗の切替を目指している。また、3月下旬からは「ApplePay」にも対応し、一部店舗では「ApplePay」の決済も利用できるようになる。わかりにくい部分もあるが、「楽天ペイ(楽天市場決済)」は、他のECサイトで、楽天のIDでログイン・決済ができる「楽天ペイ(オンライン決済)」や、リアル店舗の決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」などとは別の決済サービスとなる。

 

 楽天市場では、すでに複数の店舗の商品をカートに入れ、1回の決済で購入きるようになっているのだが、それはクレジットカード決済のように各店舗で共通して利用できる決済手段を利用する場合のみ。複数の店舗で購入する際、選択した決済手段に対応していない店舗があれば、1回でまとめて決済できず、店舗に合わせた決済手段で複数回に分けて購入しなければならない。ここが楽天市場の弱みでもあったのだが、「楽天ペイ(楽天市場決済)」を導入すれば、全店舗がすべての決済手段に対応できるようになるため、自動的に複数店舗での購入が1回で決済できるようになる。なので、全店舗が足並みを揃えて「楽天ペイ(楽天市場決済)」に移行しないと、利便性を高める効果は薄くなる。

 

1 2

関連記事