2018.2.14

DeNAQ3、EC事業が大幅な減益に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ディー・エヌ・エーが9日発表した2018年第3四半期(4~12月)連結決算は、売上高は前年同期比2.4%減の1061億3200万円、営業利益は同40.6%増の262億3400万円、親会社の所有者に帰属する四半期利益は同20.9%減の316億円5100万円となった。

オークションサービスの利用が減少

 第3四半期は、EC事業・ゲーム事業などの売り上げが減少。横浜DeNAベイスターズの主催試合入場者数の増加や日本シリーズ進出などによりスポーツ事業が増収となったが、EC事業の落ち込みをカバーできず、グループ全体としては減収となっている。

1 2

関連記事