DHC、イチョウ葉など機能性表示食品3商品を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ディーエイチシーは9日、機能性表示食品3商品『セラミドモイスチュア』『イチョウ葉脳内α』『DHCカラダ対策茶W(ダブル)』を発売し、公式オンラインショップとDHC直営店で発売した。

 

 『セラミドモイスチュア』は、機能性関与成分「米由来グルコシルセラミド」を配合したサプリメント。肌のうるおいを維持する機能が報告されている「米由来グルコシルセラミド」を1粒中3.5mg配合したほか、コラーゲンペプチド・ビタミンC・ビタミンEなどの成分を加えている。商品の内容量は30日分(1日1粒目安)。価格は税込1566円。

 

 『イチョウ葉脳内α』は、機能性関与成分「イチョウ葉由来フラボノイド配糖体」と「イチョウ葉由来テルペンラクトン」を配合したサプリメント。2つの成分は加齢によって低下する脳の血流を改善し、認知機能の一部である記憶力(言葉・物のイメージ・体験を覚え、思い出す能力)の維持や判断の正確さを向上させることが報告されている。内容量は30日分(1日1粒目安)。価格は税込874円。

 

 『DHCカラダ対策茶W』は、機能性関与成分「難消化性デキストリン(食物繊維)」を配合した粉末緑茶。「難消化性デキストリン(食物繊維)」には、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を促し、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする機能や、糖の吸収を抑えて食後の血糖値の上昇をおだやかにする機能があると報告されている。内容量は30包。価格は税込1350円。

 

■セラミドモイスチュア

■イチョウ葉脳内α

■DHCカラダ対策茶W

関連記事