2017.11.8

Amazon、AIスピーカー「Echo」の3機種を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は8日、「Amazon.co.jp」の各種サービスや連携した各種ネットサービス、電気機器などを、音声で話しかけて操作するAIスピーカー「Amazon Echo」の3機種を招待制で販売開始した。

 

 

ユーザーからの音声指示にAlexaが対応

 「Amazon Echo」に話しかければ、3機種に内蔵されるクラウドベースの音声AI「Alexa(アレクサ)」がユーザーからの指示を受け、質問への回答、部屋の照明のon・off、ニュースやスポーツの結果の読み上げ、音楽再生、タイマーやアラームのセット、カレンダーのチェックなどを実施する。また、遠隔音声認識技術により、部屋のどの場所から話しかけても、ユーザーからの指示を聞き取り、実行できる。

 

 販売するのは、標準タイプの「Echo」(税込:1万1980円)、スマート電球やスマートデバイスとの接続が容易な「Echo Plus」(税込:1万7980円)、外部スピーカーとの接続に便利な「Echo Dot」(税込:5980円)の3機種。

 

Echo

 

Echo Plus

 

Echo Dot

 

日本企業から250以上のAlexa対応サービスを提供

 販売の対象は、Alexaの自動学習を支援できるユーザーが対象。商品を申込めば、Amazonから「Echo」購入について招待される。これまでの購入実績や各種会員サービスの利用状況から、Amazon側がAlexaの自動学習に適したユーザーを判別すると見られる。

 

 また、Amazonプライム会員を対象に、同日から17日までの期間、「Echo」が4000円オフの7980円(税込)、「Echo Dot」が2000円オフの3980円(同)で購入できるキャンペーンも開催。同キャンペーンは在庫がなくなり次第、終了する。3機種の出荷開始は、11月13日の週を予定している。

 

 日本企業の各社もAlexaの技術に対応し、江崎グリコ(株)、サントリーホールディングス(株)、シャープ(株)、西日本電信電話(株)、日産自動車(株)、日本航空(株)、吉本興業(株)、(株)読売新聞東京本社などのパートナー企業から250以上のネットサービスが提供される。

 

 Alexaのユーザー数は、世界で数千万人。すでにAlexaが販売されている米国、英国、ドイツでは、「Echo」と「Echo Dot」の5つ星のレビューが10万件以上も掲載されている。「Alexa」と「Echo」の組み合わせによる、日本オリジナルのサービスもあり、日本でも同サービスの利用が進みそうだ。

(山本剛資)

 

■Amazon「Echo」招待購入サイト

 

関連記事

▼音声端末「Amazon Echo」が日本上陸、年内にサービス開始

▼声で注文も、『Amazon Echo』体験レポ…NY通信(9)

関連記事