18年ヒット予測、1位「AIスピーカー」・2位「ライブコマース」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)日経BPの情報誌『日経トレンディ』がこのほど発表した「2018年ヒット予測100」によると、1位が「AIスピーカー」、2位が「ライブコマース」となった。

 

 同ランキングは「売れ行き」「新規性」「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、同誌が独自にランク付けしたもの。1987年の創刊以来、毎年12月号に掲載している。

 

2位に入った「熱狂ライブコマース」

 

AIスピーカーは1人1台の時代に?

 同ランキングでは、1位が「マルチAIスピーカー」、2位が「熱狂ライブコマース」、3位が「疲労回復ジム」となった。AIスピーカーは、スマートフォンに続く新たなデバイスとして注目されており、同誌では「スピーカーは一家に1台が当たり前になったが、これからは1人に1台になる」と予測している。

 

 2位の「熱狂ライブコマース」は、(株)Candeeが運営する「Live Shop!」の配信サービス。モデルやインフルエンサーといった出演者が、おすすめのファッションやメイクなどをライブで紹介する。また、インフルエンサーと視聴者がコメントやアンケートなどを通じてリアルタイムに相互コミュニケーションが取れる、気になったアイテムをライブ配信中に購入できる、視聴者アンケートや抽選販売など、視聴者がリアルタイムで楽しめる参加型企画が催される、といった特長がある。

 

 『日経トレンディ』12月号では、「2018年ヒット予測100」の詳細や、「Live Shop!」を中心にしたライブコマースの特徴や魅力について掲載している。

 

■「日経トレンディ」

関連記事