2017.11.1

大塚商会Q3は増収増益、「たのめーる」好調続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)大塚商会が10月31日発表した17年12月期第3四半期(1~9月)連結決算は、売上高が前年同期比7%増の5165億2800万円、営業利益が同12.9%増の332億円、純利益は同18.8%増の234億1000万円となった。

 サービス&サポート事業では、オフィスサプライ通信販売事業「たのめーる」や保守事業などが順調に伸び、売上高は同5.4%増の2093億2900万円となった。今後も引き続き「たのめーる」での顧客ニーズに合わせた品揃え、商材の拡充、プライベートブランド商品「TANOSEE」の拡充を図る。

 

 通期の連結業績予想は、売上高6710億円(同4.3%増)、営業利益410億円(同3.3%増)、純利益272億8000万円(同2.3%増)。セグメント別では、サービス&サポート事業で2789億1000万円(同4.6%増)を見込んでいる。

関連記事