16年国内アパレル市場規模1.5%減、ネット通販は拡大傾向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)矢野経済研究所が26日発表したアパレル市場に関する調査によると、2016年の国内アパレル総小売市場規模は、前年比1.5%減の9兆2202億円と2年連続で減少した。また、通販チャネルについてはネット系通販企業が好調を維持し、シェア拡大の傾向にあることが分かった。

 

 

百貨店の不振が市場全体を押し下げる結果に

 16年の国内アパレル総小売市場規模は、前年比98.5%の9兆2202億円。品目別では、婦人服・洋品市場が同97.8%の5兆7563億円、紳士服・洋品市場が同99.6%の2兆5478億円、ベビー・子供服・洋品市場が同99.8%の9161億円と、いずれも前年実績を下回る結果となっている。

1 2

関連記事